テーマ 13
トップ ページ 
写真講座 
用語辞典 
album 
フリー素材 
フォトBBS 
テイクアウト 
推薦サイト 
自己紹介 
メールの送信 
サイトマップ 
Official Blog 
stockphoto 

姉妹サイト

 

『プロカメラマンの

ストックフォト』

松永あたるの写真を多数展示しています。

 

 

[テーマ 1 ][テーマ 2][テーマ 3][テーマ 4][テーマ 5][テーマ 6][テーマ 7][テーマ 8][テーマ 9][テーマ 10][テーマ 11][テーマ 12][テーマ 13 ][テーマ14][テーマ 15][テーマ 16][テーマ 17][テーマ18][テーマ19][テーマ20][テーマ21][テーマ22][テーマ23][テーマ24][テーマ25][テーマ26][テーマ27]
青色の語句をクリックすると用語辞典に飛びます。

     

写真講座テーマ13 

デジカメの選び方 必要な画素数、解像度

 

 

あなたが必要な画素数って、いくつですか?

撮像素子は無駄に多くても、物理上の理由で弊害が有ることを、前回テーマ12でお話ししましたが、では何万画素有れば良いのでしょう?

勿論、それは人それぞれ、使用目的、使用サイズによって違ってきます。

使用サイズは、何で見せるか(写真プリント、ホームプリンター、Webで見せる等々)によって、必要な解像度が変わり、それに伴って写真サイズも変わってきます。

今回はその辺の事について書こうと思います。

 

解像度とは

まずは解像度を理解しなければ、話が前に進みませんので………

1inch (2.54cm)にいくつの点 (=ドット=ピクセル=画素)で絵を書くかと言う事で、dpi (ドット/インチ)とかppi (ピクセル/インチ)で表します。

(本来、厳密にはdpiとppiは違う単位なのですが、難い事は抜きにして、同じ単位と考えてもらっても良いでしょう。)

デジカメで撮った写真を見る時、何かにあたって出てくる単位ですね。

例えば、横が20ピクセル縦30ピクセルで、20×30=600画素(ピクセル)のカメラで撮影した情報を、1インチ (2.54cm)に10個の点(10dpi)でプリントしようとすると、

(20ピクセル÷10dpi)×(30ピクセル÷10dpi)=2インチ×3インチ

の写真サイズとなります。

仮に同じ情報を、20dpiでプリントしようとすると、1インチ×1.5インチの写真となりますから、サイズは縦横半分、面積で1/4になってしまいますが、その分密度の濃い画像、高解像度の画像になります。

これが撮影した元風景だとして、

2inch

←3inch→

 

仮に600画素のカメラで撮影して、10dpiでプリントしようとすると、

(20ピクセル÷10dpi)×(30ピクセル÷10dpi)=2inch×3inch

1inch

←1.5inch→

 

同じ600画素情報を20dpiでプリントすると、

プリントサイズは1/4になるが、1画素(ピクセル)のサイズも1/4になるので、高解像度の画像といえる。

(20ピクセル÷20dpi)×(30ピクセル÷20dpi)=1inch×1.5inch

2inch

←3inch→

 

同じ20dpiで3×2インチの画像が欲しいとすると、

20dpi×3inch×20dpi×2inch

=2400画素(ピクセル),必要となり、四倍の画素数のカメラが必要になる。

写真は全てイメージで、実際の解像度、サイズとは違います。

 

つまりは

解像度、dpiを高くすれば表示サイズが小さくなる。

サイズを大きくしたければ、それだけ画素数が必要になってくると言う事です。

 

使用目的にあった解像度とは

では、使用目的にあった解像度とは、

 

使用目的、用途

解像度
Webやホームページなど、パソコン上で

72dpi

お店でプリント 300dpi (200〜300dpi)※1
商業印刷 350dpi

家庭用

インクジェット

プリンター

720dpi 1440dpiなどの180dpiの倍数の解像度のプリンター (主にエプソン系)

180dpi、360dpi※2

1200dpi 2400dpiなどの200dpi、300dpiの倍数の解像度のプリンター (主にキヤノン系)

200dpi、300dpi、400dpi※3

※1、

お店プリントは、200dpiあればプリント出来なくは無いが、少なくても250dpi以上、300dpiがベスト。

※2、

勿論180dpiより360dpiの方が高画質ですが、記念撮影程度なら180dpiでも十分でしょう。作品などの高画質なプリントは360dpiで。

※3、

勿論200dpiより300dpi、300dpiより400dpiの方が高画質ですが、記念撮影程度なら200dpiでも十分でしょう。作品などの高画質なプリントは400dpiで。

 

それぞれ最適な表示をする解像度は、ほぼ、上の表のような感じだと私は考えます。

 

パソコン上での解像度

上の表で1のパソコン上で見るとき解像度が、72dpiと抜きん出て低いのが分かると思いますが、個々のモニターの解像度やOSの解像度との関係もあり、中々実際のモニター上の画像サイズを確定出来ないのですが、当サイトのフリー素材の大きな画像でも、722×480=346560画素ですので、35万画素カメラと同等の画素数で十分といえます。(私は大きなカメラの画像を画像ソフトphotoshopで小さくしていますが)

 

実際は、そんな小さな画素数のカメラは、今時、携帯のおまけ位しか有りませんから、大きな画素数のカメラで撮るしかないのですが、スクロールしないと見えないような大きな画像サイズでは、パソコン上では実用的ではありませんからね〜〜

ですから、小さい画像サイズでも撮れるカメラを選ぶか、画像サイズを小さくできる画像修正ソフトが必要になります。

画像ソフトに関しては、最後に触れておきます。

 

カメラ画素数と画像サイズ

その他の解像度とカメラ画素数、画像サイズの関係を inchからcmに直してみると、大体次のようになります。

 

300万画素

1500×2000

400万画素

1732×2309

500万画素

1936×2583

600万画素

2000×3000

800万画素

2309×3465

1020万画素

2592×3872

300dpi 12.7×16.9cm 14.7×19.5cm 16.4×21.9cm 16.9×25.4cm 19.5×29.4cm

21.9×32.8cm

350dpi 10.9×14.5cm 12.6×16.8cm 14.0×18.7cm 14.7×21.8cm 16.8×25.2cm

18.8×28.1cm

180dpi 21.2×28.2cm 24.4×32.6cm 27.3×36.4cm 28.2×42.3cm 32.6×48.8cm

36.6×32.8cm

360dpi 10.6×14.1cm 12.2×16.3cm 13.7×18.2cm 14.1×21.2cm 16.3×24.4cm

18.3×27.3cm

200dpi

19.1×25.4cm

22×29.3cm

24.6×32.8cm

25.4×38.2cm

29.3×44cm

32.9×49.2cm

300dpi 12.7×16.9cm 14.7×19.5cm 16.4×21.9cm 16.9×25.4cm 19.5×29.4cm

21.9×32.8cm

400dpi

9.5×12.7cm

11×14.7cm

12.3×16.4cm

12.7×19.1cm

14.7×22cm

16.5×24.6cm

実際のカメラは縦横比や画素数が個々により違うので、目安としてお考え下さい。

計算式は、((ピクセル数÷解像度)×2.54cm)×((ピクセル数÷解像度)×2.54cm)

 

 

一方、お店プリントのサイズは、お店によって多少違いますが、

用紙サイズ

センチ

インチ

300dpiでの

必要画素数(ピクセル数)

DSC    (Lサイズ相当)

8.9×11.9cm

3.5×4.7inch

1050×1407=148万画素

Lサイズ

8.9×12.7cm

3.5×5inch

1050×1500=158万画素

KG    (ハガキサイズ)

10.2×15.2cm

4×6inch

1200×1800=216万画素

DSCW (2Lサイズ相当)

12.7×16.9cm

5×6.7inch

1500×2010=302万画素

2Lサイズ

12.7×17.8cm

5×7inch

1500×2100=315万画素

8P      (八つ切り)

15.2×21.6cm

6×8.5inch

1800×2550=459万画素

6P      (六つ切り) 20.3×25.4cm

8×10inch

2400×3000=720万画素

6PW (六つ切りワイド) 20.3×30.3cm

8×12inch

2400×3600=864万画素

DSC、DSCWサイズとは、コンパクト デジカメに多い 画像の縦横比が3:4のカメラ専用の印画紙サイズです。

実際の印画紙サイズをご確認下さい。

となっており、上の二つの表を照らし合わせると

DSCWまでしか、お店プリントプリントしないと言うんであれば、300万画素カメラで十分ですし、大きな8Pサイズにプリントするなら、500万画素以上必要だと言う事が分かりますね。

ちなみに、プリンター用紙のサイズは、おおむね以下のとうりです。

プリンター

用紙

センチ

インチ

A4

21.0×29.7cm

8.3×11.7inch

B5

18.2×25.7cm

7.2×10.1inch

A5

14.8×21.0cm

5.8×8.3inch

A6

10.5×14.8cm

4.1×5.8inch

はがき

10.0×14.8cm

3.9×5.8inch

L判

8.9×12.7cm

3.5×5inch

2L判

12.7×17.8cm

5×7inch

実際の用紙サイズをご確認下さい。

エプソン系、キヤノン系のプリンターのそれぞれの必要画素数の目安としては、

プリンター

用紙

エプソン系プリンターの必要画素数(ピクセル数)

180dpi(低画質)

360dpi(高画質)

A4

1494×2106=315万画素

2988×4212=1259万画素

B5

1296×1818=235万画素

2592×3636=942万画素

A5

1044×1494=156万画素

2088×2988=624万画素

A6

738×1044=77万画素

1476×2088=308万画素

はがき

702×1044=73万画素

1404×2088=293万画素

L判

630×900=57万画素

1260×1800=227万画素

2L判

900×1260=113万画素

1800×2520=454万画素

プリンター

用紙

キヤノン系プリンターの必要画素数(ピクセル数)

200dpi(低画質)

300dpi(普通画質)

400dpi(高画質)

A4

1660×2340=388万画素

2490×3510=874万画素

3320×4680=1554万画素

B5

1440×2020=290万画素

2160×3030=654万画素

2880×4040=1164万画素

A5

1060×1660=176万画素

1740×2490=433万画素

2120×3320=704万画素

A6

820×1060=87万画素

1230×1740=214万画素

1640×2120=348万画素

はがき

780×1060=83万画素

1170×1740=204万画素

1560×2120=331万画素

L判

700×1000=70万画素

1050×1500=158万画素

1400×2000=280万画素

2L判

1000×1400=140万画素

1500×2100=315万画素

2000×2800=560万画素

実際の用紙サイズをご確認下さい。

と言う訳で、

自分の使用目的に必要な画素数を、是非みきあめて、カメラを選んでみて下さい。

 

画像データの解像度、サイズを変えるには

最後に実際に画像データの解像度、サイズを変えるには、画像解像度が変えられる画像修正ソフト、リタッチソフトが必要になります。

私はプロユースの定番ソフト、Photoshopを使っていますが、高価なソフトなので、フリーソフトなどを使ってみるのも良いでしょう。

私の知ってるフリーの画像ソフトの中では、「GIMP」は大変優秀なソフトで、Photoshopに準じる力がある高性能で、使い勝手も似ている、お奨めソフトです。Win、OSX、UNIX 各判があるようです。

推奨サイトのページに「GIMP」へのリンクを貼っておきます。

ただ、初心者には機能がありすぎて、やさしくは無いのかも………………頑張ってください!笑。使いこなせれば、鬼に金棒です〜〜

他にも良いソフトが有れば、情報をお願いします〜〜

他に、市販ソフトとしては、Photoshopの簡易版であるPhotoshop Elementsなどがお奨めでしょう。

photoshop

Photoshopの解像度、サイズ変更画面。

gimp

GIMPの解像度、サイズ変更画面。

今回の話は、数字ばかりで、分かりずらくなっちゃいましたかね〜〜

デジカメの性能を決めるのは、前回今回と取り上げた撮像素子と、画像処理エンジン、レンズの三つと言われています。

画像処理エンジンは、情報も少なく、むずかしすぎて、

私にも良く分かりません〜〜笑。

ので、次はレンズの話ですかね〜〜   

 

 

[トップ ページ][写真講座][用語辞典][album][フリー素材][フォトBBS][テイクアウト][推薦サイト][自己紹介][メールの送信][サイトマップ][Official Blog][stockphoto]

 

写真、カメラ、デジタルカメラ用語辞典

[あ行][か行][さ行][た行][な行][は行][ま行][や行][ら行][わ行][数字][ABCDE][FGHIJ][KLMNO][PQRST][UVWXYZ]

 


このサイト内の全ての画像、テキストには、このサイトの作成者 松永あたる に著作権があります。

フリー素材画像を除き無断で転載、もしくは営利目的での使用を堅く禁じます。